wp_sv_3766_36984 のすべての投稿

キリスト教カテゴリーのお葬式は、宗派を通じて異なってきます。

また宗派が同じであっても、教会が違えばまたお葬式の振舞いも違ってきます。

そのため参列した教会のお葬式の流れに伴いましょう。

とはいっても、キリスト教もさほどそれほど行われているのが、カトリックやプロテスタントのお葬式となります。

カトリックでは、お通夜のことを「通夜の儀」と呼びます。
またプロテスタントでは、「前夜祭」と呼んでいます。

カトリックもプロテスタントも、お通夜の呼び方が違うだけで、
神父くんや牧師くんが救援役をし、またプロセスを通して行く…としては同じです。

そうしてキリスト教は、亡くなられた方を供養やる…というイメージでお葬式を通じてはいません。

キリスト教では、亡くなられたヤツの与えられた生活を女神へ感激し、
そうして不可思議に礼拝講じる…に関してを持ってお葬式をあげています。

そのため仏式のお葬式のように、ご遺体にやり方をあわせたり拝むと言うことはありません。小さなお葬式の情報

御香典については、延々と知っておかないといけない礼節というものがあります。

仮に知らないままで失敗してしまうと、無礼にも当てはまるので、注意しましょう。
こういったことは、最低限の礼典ともいえるでしょう。

香典鞄は、黒白や、銀といった結論切りの水引を使用します。
こういう結論切り…というのは、さらに繰り返したくない…、これで終わりにしたい…、
という意味合いが含まれています。

御香典の金額が、5千円以下であれば、水引が印刷された香典鞄も、問題ありません。

香典鞄を書く時は、毛筆や筆鉛筆などを使います。
マジックや鉛筆、そしたらサインペンや万年筆といった仲間のものは、
使わないのが、礼典となっています。

またお通夜やお葬式で持参する香典鞄には、薄墨で書きものだ。

これは、亡くなられた奴において苦しい期待を通して涙が止まらない結果、
涙がにじんで墨が薄くなってしまった…についてで、
薄墨で書くのです。小さなお葬式の情報