キリスト教カテゴリーのお葬式は、宗派を通じて異なってきます。

また宗派が同じであっても、教会が違えばまたお葬式の振舞いも違ってきます。

そのため参列した教会のお葬式の流れに伴いましょう。

とはいっても、キリスト教もさほどそれほど行われているのが、カトリックやプロテスタントのお葬式となります。

カトリックでは、お通夜のことを「通夜の儀」と呼びます。
またプロテスタントでは、「前夜祭」と呼んでいます。

カトリックもプロテスタントも、お通夜の呼び方が違うだけで、
神父くんや牧師くんが救援役をし、またプロセスを通して行く…としては同じです。

そうしてキリスト教は、亡くなられた方を供養やる…というイメージでお葬式を通じてはいません。

キリスト教では、亡くなられたヤツの与えられた生活を女神へ感激し、
そうして不可思議に礼拝講じる…に関してを持ってお葬式をあげています。

そのため仏式のお葬式のように、ご遺体にやり方をあわせたり拝むと言うことはありません。小さなお葬式の情報