御香典については、延々と知っておかないといけない礼節というものがあります。

仮に知らないままで失敗してしまうと、無礼にも当てはまるので、注意しましょう。
こういったことは、最低限の礼典ともいえるでしょう。

香典鞄は、黒白や、銀といった結論切りの水引を使用します。
こういう結論切り…というのは、さらに繰り返したくない…、これで終わりにしたい…、
という意味合いが含まれています。

御香典の金額が、5千円以下であれば、水引が印刷された香典鞄も、問題ありません。

香典鞄を書く時は、毛筆や筆鉛筆などを使います。
マジックや鉛筆、そしたらサインペンや万年筆といった仲間のものは、
使わないのが、礼典となっています。

またお通夜やお葬式で持参する香典鞄には、薄墨で書きものだ。

これは、亡くなられた奴において苦しい期待を通して涙が止まらない結果、
涙がにじんで墨が薄くなってしまった…についてで、
薄墨で書くのです。小さなお葬式の情報